ラワン合板家具

01

02

03

05

06

07

9

04

伸縮性の少ない合板だからできる即物的な板の組み方を目指した。また、面を大きく見せることで、ラワン木目の表情が印象的に感じられるようにしている。接合はダボ継ぎとし、小口を見せてラフな雰囲気を出しながらも表面処理を丁寧に行うことで合板の粗さを消して、「相生町の家」の抽象性に調和するように考えた。

家具:COMMON  岡部創太(協働設計)
写真:長谷川健太